カテゴリ:ハイキング( 4 )


2013年 04月 15日

春の蓮花寺池公園

風が強いけど気持ち良く晴れ渡った好天に誘われて
昨日の新聞で紹介されていた蓮花寺池公園の藤の花を見に行って来ました。
e0275655_21414820.jpg

まずは、上の写真の後ろの山の頂上を目指します。
e0275655_21425725.jpg

頂上に藤棚があり、そこでひと休み。
e0275655_214448.jpg
e0275655_21441228.jpg
e0275655_21441910.jpg

緩やかに下る遊歩道を歩いて行くと、藤の花の庭園があります。
e0275655_2146149.jpg

庭園は藤の花のあまい良い香りに包まれていて、幸せな気分になります。
e0275655_21482825.jpg
e0275655_21483517.jpg

紫・ピンク・白の藤が咲き乱れ、青空とマッチしてとてもきれいでした!
e0275655_21503274.jpg
e0275655_21504029.jpg
e0275655_21504738.jpg
e0275655_21505646.jpg
e0275655_21534353.jpg

[PR]

by ko15fu29 | 2013-04-15 21:54 | ハイキング
2011年 05月 05日

静岡市清水森林公園 やすらぎの森

5月3・4・5日の三連休の内

1日だけ何処かに行こうと思い

相談して、4日に「静岡市清水森林公園 やすらぎの森」に行ってきました。

やすらぎの森は、清水区を流れる興津川の上流に位置する、両河内の西里・河内地区

に造られたオープンランドスケープ型の公園です。

公園内には、黒川自然園・多目的広場・芝生広場・ボードウォークなどがありますが

今回の目的はハイキング

目指すは標高563mの杉尾山展望台!


4.3km先の展望台を目指して、さぁ出発!!


爽やかな天気の中、元気に登り始めたこはると風夏。


30分後、給水してしばしの休憩。


かなりの急勾配のハイキングコースに、父はすでに大汗を・・・。

遠くにゴールが見え始め、気持ちを入れなおして

一歩づつ登ります。


途中の茶畑。新芽がきれい!


まだまだ登りは続きます。


さぁ、ゴールの展望台までもう少し。

写真右の林の所で、野生の鹿に遭遇!!母は鹿のお尻を目撃。私はガサガサバキバキと音だけ聞こえました。

そして、登り始めて1時間15分後、展望台に到着。

父も母もこはるも風夏も、みんな頑張りました!

到着した頃から曇ってしまい、展望台からの眺めはちょっと霞んでしまいましたが

遠くに駿河湾と三保の半島が見えました。

山頂は芝生広場になっていて


ベンチでお弁当を食べて休憩。

その後、こはると風夏にはちょっとだけ遊んでもらい




帰りはハイキングコースではなく遊歩道コースを下りていく事にしました。

遊歩道コースは車も通行可能で、山頂に駐車場もあります。

ゆっくりと歩を進めながら、新緑の木々や




遊歩道からの景色を楽しみながら




1時間半程で出発地点に戻ってきました。







久しぶりのハイキング。

往復3時間の行程は、日頃運動不足の父と母にはちょっとハードでした。

特に長く続く下り坂は、足がカクカク。

でも、こはると風夏は最初から最後まで元気でした。

途中でバテテしまうか心配の風夏でしたが、こはるより元気。

いつの間にか、スタミナがついたようです。



やすらぎの森はハイキングコースだけでなく

キャンプ場や温泉・食事処などの施設もあり

また、黒川で川遊びも出来るようになっています。

夏になったら川遊びに、また来ようと思います。





・・・追伸・・・

一夜明けた今日は、足が筋肉痛でちょっと辛い。
[PR]

by ko15fu29 | 2011-05-05 16:57 | ハイキング
2009年 10月 15日

梅ケ島滝めぐり

以前から1度行ってみたいと思っていた

梅ケ島の滝「赤水の滝」「安倍の大滝」「三段の滝」へ

先日の運動会後の筋肉痛が完治せぬまま、行って来ました。



まず最初に現れる滝は「赤水の滝」




写真はたくさん撮ったのに、カメラの設定がおかしかったのか

ほとんどちゃんと撮れてなく・・・。がっくり。

ここでほんの少しだけ散策したら・・・

身体中、種だらけになってしまった〜。


次は「安倍の大滝」です。

安倍の大滝は、日本の滝百選に選定された滝です。

落差80m幅4m程の滝で、静岡市随一の大滝で、日本一の那智の滝に次ぐ高さ

ともいわれています。別名「駿河大滝」「乙女の滝」と呼ばれています。


駐車場は無いので、安倍の大滝へのハイキングコース入り口近くの

民宿「湯の華」さんの駐車場に置かせていただきました。

「安倍の大滝」まで片道40分

さぁ、こはるも風夏もがんばって歩いてくださいよ。



この吊り橋からスタートです。

吊り橋の造りがしっかりしていて、揺れもすくなくこはるも風夏もスタスタ渡り切りました。

2つ目の吊り橋。

こちらはワイヤーだけの吊り橋で揺れも大きく、めっちゃ怖い!

こはるは父が、風夏は母が左手で小脇に抱えて

右手はしっかりとワイヤーの手すりを握って、1歩づつ慎重に・・・

一番の難関をクリアーすると、広くはないが整備された山道を登って行きます。


幾つかの吊り橋を渡りながら滝を目指して進みます。








この丸太の橋を渡ると、目指す滝はもうすぐです。


そして、遂に到着!

「安倍の大滝」です。


滝壺の近くには観瀑台があり、近くまで行けますが飛沫がかかります。


日本の滝百選に選ばれただけの事はあります。

ゴーゴーと流れ落ちる滝は迫力があり、吊り橋を何本も渡り

やってきた甲斐がありました。

携帯で撮影した滝の動画です。雰囲気だけですが、どうぞ。


滝の飛沫とマイナスイオンを浴びながら、おにぎりをほおばり

一休みして、来た道を戻り

次の滝に向かいます。




3つ目の滝は「三段の滝」です。


ちょっと先に川に降りれる場所があったので降りてみました。


川に入ってもいいでしゅか?   ダメです!


マイナスイオンが気持ちい〜〜!

あっ!こはるが入水!

水がすごく冷たいです。




あと2〜3週間すれば、紅葉が見頃となると思います。

この次は、紅葉を楽しみにまた来たいと思います。


帰宅後、一風呂浴びてマッタリ過ごすこはると風夏。




[PR]

by ko15fu29 | 2009-10-15 18:50 | ハイキング
2008年 11月 06日

蔦の細道・・・

駿河なる宇津の山辺のうつつにも

夢にも人に逢はぬなりけり

「蔦の細道」の名前の由来となった在原業平の歌だそうです。

秋晴れの暖かな日になったので、ハイキングに行ってきました。


名前の通りの細道です・・・。こはるの巾しかありません。

しかも、急勾配の坂道が続きます。




こはるも、2/3位までは快調にスタスタ登って行きましたが

後半の1/3は段がある度に、一呼吸おいてから意を決したように登ってました。




やっとの想いで頂上に到着。(頂上に↑の歌碑があります。)




父も母も汗だく、膝がガクガクです。



静岡口から登り岡部口に降りて、旧東海道を通って戻ってくる予定でしたが

これ以上は無理と判断して

来た道を戻る事に・・・・。

しかし、この急な下り坂が・・・

こはると風夏はタッタタッタと下りて行くのですが

父と母の足はこはる達の速さには着いて行けませ〜ん。

「こはる!風夏!もっとゆっくり〜!」

「待って!待って!待ちなさ〜い!」

山の中に響き渡っています。



細道の脇に沢が流れています。

もちろん沢に沢蟹がいるのですが、道にも沢蟹が歩いていました〜。

結局、往復で1時間ちょっとの、もゆたんままに叱られそうなプチハイキングでした。

お昼を何も用意していなかったので、Sarry's Cafe に行くことに・・・

遅めのランチで疲れた身体を癒します。





折角ここまで来たのだから、海まで行かねば・・・。

まだまだ姉妹は元気いっぱいです。


今回は公園だけでなく、海まで下りてみました。

おっと、足だけ入水!

しばらく防波堤をお散歩。


さぁ、そろそろ帰ろうか。

[PR]

by ko15fu29 | 2008-11-06 22:20 | ハイキング