カテゴリ:芸術( 3 )


2010年 11月 01日

久能山東照宮

ポカポカ陽気(夏日となったらしい)の休日となった今日。

いつもの公園にいつもの散歩。



少しづつ紅葉が進んでいるようです。

こはるも風夏も気持ち良さそうです。




いつもの事ですが、強引にこはるのお腹の下に潜り込み草の匂いを嗅ぐ風夏。


公園内は4日より開催される「大道芸ワールドカップ」の準備が

急ピッチで進められて、作業の車や人が行き来しているので

散歩を早めに切り上げて帰る事にしました。






そして、重要文化財から国宝になった「久能山東照宮」(拝殿)に行って来ました。

こはると風夏には、本堂に着くまで長い石段が続く事と

境内はワンコの立ち入りが禁止されているだろうと思い

お留守番をお願いしました。







晩年を駿府城で過ごした徳川家康が、1616年4月17日に亡くなります。

家康の遺言により、亡くなった夜に久能山に移されました。

平成27年に家康没後400年大祭をむかえます。

その400年大祭にむけて、平成14年から大修理が着手され

平成21年に修理を終え、400年前の輝きを取り戻しました。

静岡に住んでいる以上、きれいに修復された国宝の東照宮を見ておこう!

という事で、行ってきたわけです。


さぁこれから、1159段の石段を登っていきます。



登る事、約20分。

楼門に到着。




楼門を抜けると、左手に神厩が。

神馬がいた!

鳥居を抜けると


正面に唐門が。


唐門の右手奥に日枝神社本殿があります。


そして、日枝神社本殿の左側から

いよいよ国宝の拝殿・本殿に入ります。

左手前が拝殿、右奥が本殿です。

華やかで豪華な装飾が施されています。


そして、いたる所に「葵の紋」が。




ここで、ちょっとミニ知識を。

阿吽(あうん)の呼吸とは

お互いの微妙な気持ちや調子がぴたりと合う事である。

東照宮の中には、いたる所に あ・うん が見られます。

楼門にある狛犬ですが、右の狛犬は口を開け「あ」、左の狛犬は口を閉じ「うん」

対となっている物は全部「あ」と「うん」となっていて

「阿吽の呼吸」でぬかりなく社殿を守っています。



本殿の左側を通り、一番奥に家康公の神廟があります。


そして最後に、家康公が愛した東照宮からの眺めです。

正面に伊豆半島、西には遠くに御前崎と駿河湾が一望できます。






規模では、日光の東照宮に敵わないけど

この景色を見ると家康公が久能東照宮に眠りたいと遺言した気持ちがわかる気がします。
[PR]

by ko15fu29 | 2010-11-01 19:07 | 芸術
2009年 11月 03日

DAIDOGEI 2009

素晴らしく晴れ渡った文化の日

朝方は随分冷え込みました。

澄み切った空気の中、雪化粧をした富士山もくっきり。



いつもの公園で10月31日から開催されている

DAIDOGEI WORLD CUP IN SHIZUOKA 2009に行って来ました。



例年かなりの規模で行われる大道芸。

今年の延べ入場者数は100万人を越えたとニュースで言ってました。

いつもの公園は開催期間中はすべて占領されてしまうので

久しぶりの公園です。

人混みやBGMが苦手のこはるは公園に入るなり、尻尾を格納。



F:お姉ちゃん、たくさん人がいましゅね。

K:この公園は時々こういう時があるんですよ。

F:あそこの人は何をしているでしゅか?

K:あれが大道芸って言うらしいよ。




会場内には多くの屋台が出店していて、いろいろなものを販売しています。

その中に丹波のポン栗を発見。

ベンチに座って、さっそくいただきます。



栗を食べたら、ずっと緊張していたこはるも笑顔になりました。



大道芸は本日が最終日。

やっと、明日からはいつもの公園に戻ります。

帰り道にペットの雑貨屋さん「MOMO」さんに寄り道。

看板犬のワカくんは静かにお仕事してます。



高速で尻尾をプリプリしながら、店長さんにおやつを催促する姉妹。

ちょっと、お行儀が悪いですよ!

こはると風夏用トリートメントと馬アキレスを購入。

そして、父と母は美味しいコーヒーをご馳走になってきました。

店長さん、いつもご馳走さまで〜す!





丹波の栗がでたので、栗の話題をもう一つ。

〜〜中津川の栗きんとん食べ比べ〜〜

エントリー1:松葉の栗きんとん


栗本来の甘味と香りがしっかりとしていて

毎年、この時期になると食べている栗きんとんです。



エントリー2:川上屋の栗きんとん


他の2つに比べ、お砂糖の甘味があり和菓子感が一番強いように思いました。



エントリー3:すやの栗きんとん


栗のつぶつぶが一番残っていました。

味は松葉さんの物とほとんど変わらず、栗本来の風味が楽しめます。


3種類とも、とても美味しい栗きんとんです。

どれが一番かは、どれも甲乙付けがたく

頂く人の好みだと思います。

我が家では、食べ慣れているいるので松葉の栗きんとんが気に入っています。
[PR]

by ko15fu29 | 2009-11-03 16:00 | 芸術
2008年 12月 15日

Elliott Erwitt展

1週間のご無沙汰です。

何かと忙しい日々を過ごしていますが

きょうは、Elliott Erwitt展に行ってきました。

Ellott Erwittとは

マグナム・フォトス所属のエリオット・アーウィット(1928-)はフォト・ジャーナリストの出身です

が、その関心はパーソナルな視点でとらえられた日常風景でした。彼はカメラのシャッターチ

ャンス、フレーミング、アングルなどを駆使して人間味あふれるユーモラスな写真世界を作り

あげることに成功。記録性重視のドキュメンタリー系写真に作家性を持ちこんだ、マグナム第2

世代の代表写真家と高く評価されているそうです。

彼の作品には犬を題材にしたものも多いという事で、ぜひ行きたいと思っていました。








Paris,France 1989

こんな写真をいつか撮りたいと思います。

この他にも、多くの可愛くて、ユーモラスな写真が展示されていて

久しぶりにゆったりと楽しむことが出来ました。


こはると風夏は、相変わらず元気です!

芸術にはほど遠いですが・・・



今回は・・・



モノクロで・・・



カラーとは趣きが変わります。



[PR]

by ko15fu29 | 2008-12-15 18:04 | 芸術