We Love Koharu&fuuka

koharufuuk.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:健康( 5 )


2010年 11月 03日

風夏の検査結果

文化の日も秋晴れの良い天気。

山頂を雪化粧をした富士山もくっきり。



いつもの公園をのんびりとお散歩。

公園の紅葉も少しづつ進んできましたが

もみじはまだこれからのようです。



明日開幕の大道芸ワールドカップの準備の人や祝日という事もあり人が多いので

公園の人の少ない所を選んで歩いてきました。




猫にロックオン中の風夏。





さて、今日のタイトルとなっている本題に・・・。

夏より風夏の皮膚に赤いポツポツができて皮膚の色が赤くなっている事、

以前に比べ、毛の量が減ってしまった事が常々気になっていました。

週に1度、保湿効果のあるシャンプーで丁寧に洗っていましたが、

ほぼ改善したもののスッキリとはせず

夫婦で相談してアレルギーの検査を受ける事にしました。

検査結果が出たので報告したいと思います。

草・樹木・真菌/カビ・上皮・ハウスダスト・食物・室内・昆虫・ノミ等全92項目

陰性・・・・52項目
擬陽性・・・10項目
陽性・・・・30項目
強陽性・・・ 0項目

この内食物では、擬陽性が2項目、陽性が9項目でした。

これほど多くの項目で陽性となるとは・・・。

中でも驚いたのは、鶏肉・卵・米・ミルク・マグロが陽性だった事!

以前のフードはラムライス、今食べているのはうるち米

手作りしてマグロのクッキーを与えていた!!

牛・豚・羊肉、大・小麦、ジャガイモは陰性。

鶏肉、卵はこはるもダメなもの、こんなところまで似ているなんて!

フードのベースを変更しなければ・・・。



お姉ちゃ〜ん(泣)   大丈夫だよ〜風夏!




アレルギー検査を受ければ、必ず何かは陽性と出るだろうと思い

検査を受けるのを躊躇していたのですが

この所の風夏の全身の皮膚の状態を観察していて

検査を受ける事にしました。

結果は想像していたより、陽性が多い事に驚きましたが

食べさせてよい物、避ける物がはっきりしたので、良かったと思っています。


今も、今までも、アレルギーの強い症状が出た事は無く元気に過ごしてきましたが

今後は陽性とでた項目の物は避けるように心がけ

皮膚の状態、毛の状態を注意していきたいと思います。
[PR]

by ko15fu29 | 2010-11-03 21:49 | 健康
2010年 06月 11日

サプリメント開始します。

頼んでおいたサプリメントが本日届きました。

手軽なサプリメントから始めようと思います。

どんなサプリメントかというと

「Veggetable support Doctor plus」という物。

粉末タイプとタブレットがありますが、我が家は粉末タイプ。

内容物は、かぼちゃ、ブロッコリー、にんじん、乾しシイタケ、じゃがいも、でん粉、デキストリン。

この内容物なら、アレルギーのあるこはるでも大丈夫!

主な吸収成分はビタミン、ミネラル、BCAA(分岐アミノ酸)、植物繊維。

肝臓の弱い子、腸の弱い子、皮膚・皮毛の弱い子、老齢の子に効果があるようです。



いつものごはんの上に、体重に合わせて適量をふりかけるだけです。


味は、抹茶のような、とろろこぶのような・・・父も食べてみた。笑

こはるも風夏も、何の迷いも躊躇もなく完食!

この食べっぷりなら、続けていけるかな。

風夏には必要ないかもしれないけど、同じにしないとおへそが曲がるので・・・。

薬ではなくサプリメントなので風夏が食べても大丈夫。

フードについては、現在いろいろ調べて検討中。




一方、父は・・・・・・

春の桜エビ漁は今日が最終日。

このシーズン最後の生桜エビを!

秋の桜エビ漁解禁までしばし食べられません。心していただきました。


風夏も登場させないと、へそが曲がるので・・・。

う〜ん、やっぱり可愛い!!(超親ばか!)
[PR]

by ko15fu29 | 2010-06-11 20:57 | 健康
2010年 06月 07日

こはるの肝機能検査

6月3日に富士市の公園に遊びに行った時は元気そのものだったこはる。

次の日、午前中に2度嘔吐をしてしまいました。

母より職場に電話があり、昼休みに獣医さんに連れて行きました。

すぐに採血をして血液検査。

その結果は

     5月23日  5月31日   6月4日    正常値
ALT    528     119      415     (17-78)
AST    147      ー       288      (17-44)
ALP    108     131      124      (47-254)

その他の検査値は全て正常値内でした。

31日にALTが下がったのが、薬の効果なのかこはるの治癒力なのかを確認する為に、31日か

ら投薬(強肝剤)を止めていたのですが、4日に415まで値が上がってしまいました。

また、ASTも147から288に上がっています。

そして、レントゲン撮影とエコー検査をしてもらいました。

ここまでで考えられる病気は、門脈シャント(肝臓の血管の先天異常)との事。

門脈シャントは先天的なもので、通常は2歳までに脳神経症状が発現する事が多いといわれて

いるので、この可能性は低いと思うのですが…。

それを否定するためには、食前と食後の血中アンモニアを測定する必要があるそうです。

その為、本日もう一度血中アンモニアの検査に行って来ました。

きょうの検査結果は

ALT   157
AST   37
ALP   120
アンモニア  食前33  食後27  (16−75)

5月31日から投薬は止めており、4日に数値が上がってからも薬は飲んでいません。

にも拘らずALT、ASTの数値は下がり、アンモニアの数値は正常値でした。

という事は、こはるが自力でここまで回復させたという事に!

アンモニア値が正常という事で、100%では無いにしても門脈シャントの可能性は低いのではな

いかと思います。

レントゲンとエコー検査においても、明らかな異常は見つかりませんでした。

後は胆嚢の検査の結果がまだでていないのですが(今週中にでる)、その結果をみてこの先の

精密検査(MRI,CT)をどうするか相談しましょう、との事でした。

強い症状(神経症状・黄疸)が出ている訳ではないので、投薬もしないで食事療法とサプリメント

で長期的に経過を観察していければいいなぁと考えています。



こはるは、エコー検査と食前食後のアンモニア検査のため、半日獣医さんに預けたのですが

家に戻った時に、風夏は父でも母でもなく、真っ先にこはるの所に駆け寄ってました。




こはるがいない事を全く気にしている様子はなかったのに・・・。

やっぱりいないと淋しいのでしょうか?

こはるが戻ってきたら、嬉しそうにしてました。


[PR]

by ko15fu29 | 2010-06-07 21:32 | 健康
2010年 05月 31日

こはるのその後

5月22日の土曜日に、嘔吐をして体調を崩し

翌日の日曜日にかかりつけの獣医さんに診察してもらい、薬を処方され

1週間の投薬治療をして普段通りのこはるに戻り元気に過ごしていました。

そして、本日の午前中に再検査の為、かかりつけの獣医さんに行って来ました。

何処に行くのか理解しているらしく、車に乗ってからずっと震えていました。

待合室で待っている間も、ブルブルブルブル・・・。

そして診察室に入って診察を受け、採血。

待合室にて、血液検査の結果が出るまで20分程待ってました。(震えはピタッと止まります。)

「こはるちゃん、もう一度中にどうぞ。」

果たして検査結果は・・・。

生化学検査   前回   今回   正常値

 ALT      528   119   17−78
 ALP      108   131   47−254

ALTは528から119に数値は小さく改善されましたが、

ALPは108から131にと正常値以内ですが、数値が増えていました。

先生がおっしゃるには、ALPはこの位の数値なら特に問題は無いが

ALTはまだ数値が高く、もう少し数値が下がるかどうか様子を見ましょう。

ダメージを受けた肝臓が完全に回復するのにはもう少し時間がかかるので

投薬を止めて、ALTの数値が下がるか上がるか、10日〜2週間空けて

もう一度血液検査をしてみましょう。

との事。

こはるの健康時の数値が解らないので、何もしないで経過をみてみるという事らしいです。

原因については、

元々肝臓が弱いのかもしれないし、軽い熱中症だったのかもしれないし

はっきりした原因は解らないということでした。

肝機能の数値以外はすべて正常値なので

その他の疾患は心配が無いという事なのだと思います。





無罪放免とはならなかったけど

23日の日曜日以降、いたって元気で普段通りのこはるです。

今後は、肝臓に負担がかからないようなフードに変えるとか

サプリメントを与えるとかしながら、長期戦と考えて

注意深く観察していこうと思っています。






気分を変えるために

昼から海の見える難破船の公園に行った来ました。




公園を端から端まで、海風を全身に受けながら散歩して

ランチはサリーズカフェさんへ・・・。


久しぶりのサリーズカフェさんでしたが

相変わらずお料理はグッドです!


[PR]

by ko15fu29 | 2010-05-31 18:10 | 健康
2010年 05月 24日

ちょっと心配・・・。

土曜日の事なのですが・・・・。

私は朝から出張(1泊)で、車で出掛けていたのですが

夜、宿泊先のホテルより家に電話を入れると

「散歩の時にこはるが嘔吐して、家に帰ってからもう一度嘔吐した。」

そして、「食欲がなく元気もない。今は丸くなって寝てる。」との事。

明日の朝の様子で獣医さんに連れて行く事にしました。



そして、日曜日。

かかりつけの獣医さんに行き、診察してもらい

血液検査を受けました。

その結果、肝臓の数値が良くない事がわかりました。

ALT:528 (正常値は17−78)
AST:147 (正常値は17−44)

ALT、ASTは肝酵素の一種で、肝細胞が壊れると数値が上がります。

その他の数値はすべて正常値でした。

先生には2〜3日入院して、点滴による集中治療をするか

自宅にて1週間の投薬治療をするかのどちらにしますか、と言われ

入院ではこはるが可哀想なので、自宅での投薬を選択し

吐き気止めと肝臓の薬(1週間分)を処方してもらい

1週間後にもう一度検査をする事にしました。

嘔吐は土曜日の2回だけで、日曜日は食欲・元気ともに元に戻りました。

私が日曜日の夕方帰宅した時は、いつものように尻尾をぷりぷりしながら

出迎えてくれました。

今日も元気に雨の1日を過ごしています。


いつも通り、お気に入りのおもちゃを咥えて来て

「父さん、遊んでよ〜」と催促してます。


いつもの元気なこはるに戻っていますが

こはるが発するサインを見逃さないように様子を

注意深く見守ろうと思っています。

結果については、また報告したいと思います。



一方、風夏さんは・・・。


元気です!



モサモサが気になるようになったので

本日、ガッツリ抜きました。


よ〜し!かなりスッキリしましたっ。


模様がクッキリ、手触りも最高に気持ちいい!

でも本犬的には・・・・

ちょっとブルーです。


[PR]

by ko15fu29 | 2010-05-24 22:05 | 健康