We Love Koharu&fuuka

koharufuuk.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:息子( 4 )


2008年 04月 11日

入学式・・・

4月11日。
次男の大学の入学式に行ってきました。
朝目覚めた時はどんよりとした空模様で、雨が降らないか心配でしたが
大学に到着した時にはすっきり晴れ渡り、暖かく良い天気に恵まれました。

学内の桜はもうかなり散ってしまっていました。


入学式は大学内のホールで行われました。


式典の間、生演奏でした。


その後、お決まりの記念撮影。


次男の顔は少し緊張してます。


子供達は講堂に移動し、オリエンテーション。
保護者は別会場(学内)で懇親会。
入学式の後に懇親会で昼食が用意されていました。
こんなのは初めてで、驚きました。


豪華な昼食!たくさん食べてきちゃいました。


尚かつ、こんなおみやげまでいただきました。


学長の祝辞の中で、技術や知識を磨くだけでなく、人としての豊かさを養い、
相手の立場で考えられる人に成って欲しいとの言葉がありました。私もまった
く同じ考えです。
息子には新しい環境に慣れ、新しい仲間を作り、その仲間と共に目標に向か
ってしっかりと勉強をして貰いたいと思います。
留年だけはしないでね。・・・本音

朝早くから約12時間のお留守番でしたが、お利口に出来たようです。
偉かったね、はぁちゃん、ふぅちゃん!!




[PR]

by ko15fu29 | 2008-04-11 22:33 | 息子
2008年 04月 04日

成人式・・・

長男の長い春休みも終わろうとしています。
きょう、新潟に戻りました。
新学年に向かって新たな気持ちで勉学に励んでもらいたいと思います。

という訳で、長男の話題をひとつ。

成人式というと一般的には1月ですが、長男の母校では毎年3月の後半に式典を行います。
今年は、去る3月20日に静岡聖光学院 聖光会の主催による、成人式が行われました。式典のあと、写真撮影、父母の会による祝賀会もあり、本人はもちろん両親で出席しました。


顔を合わせるのは卒業以来という人もあり(子供も親も)終始和やかに楽しいひと時を過ごすことが出来ました。


式典の様子


恩師も交えての記念撮影



成人のお祝いには時計を贈ろうと決めていました。
長男が選んだのは・・・


「BREITLING」
皆さんは知っていますか?
50才のオヤジは知りませんでした。
時計といえば、セイコー、ロレックス、オメガ、パッティック・・・
長男はご満悦で腕にはめて、「じゃぁ」と言って新幹線に乗り込みました。

遊んでくれるお兄ちゃんがいなくなり、寂しいのか寄り添って寝ています。




[PR]

by ko15fu29 | 2008-04-04 22:18 | 息子
2008年 03月 01日

卒業式・・・

三月は卒業の季節。
我が家の次男も3月1日をもって、高校を卒業しました。
式は1月26日でした。
その時の模様を少し・・・・・。




生徒ひとりひとりに校長先生から卒業証書を頂きました。



後輩達から握手で見送られ、涙なみだの退場でした。



マリア様の前で記念撮影。



この坂道を6年間通いました。



この剣道場で6年間汗を流しました。



長男もこの学院に6年間お世話になり、大学へと進学して巣立っていきました。
そして、次男もあと1ヶ月で大学に進学して巣立っていきます。
親としてひとつ責任を果たせたように思います。

ところで、我が家の姉妹はというと・・・。
10時より式典。
12時より学院内にて、送別会。
16時より謝恩会。
19時半に帰宅。
合わせて、約10時間のお留守番でした。
こんな顔にもなりますよね。こはるは顔も向けません・・・


[PR]

by ko15fu29 | 2008-03-01 22:15 | 息子
2007年 11月 28日

合格しました〜!

私事で申し訳ないのですが、我が家の次男が志望大学に

合格しました!!


今月の17日に推薦の試験があり、今日がその合格発表の日。
ここ数年、先輩たちは苦渋を舐めさせられてきた大学なので、心配と不安の中の10日間でした。
午前10時に大学のホームページでも発表されるというので、ドキドキしながらその時を待っていました。
10時ジャスト。ページを更新。・・・・・・・
ありました!受験番号!!
やったーというよりも、ホッとしたという感じで、暫らく放心状態でした。

仕事をちゃっちゃと片付けて、家路を急ぎました。

息子の好物のステーキで、もちろん2匹の姉妹にもビーフの挽肉をいつもより多めにトッピングしてお祝いの晩餐です。

そして、こはる&風夏と記念撮影。


親としての役目をひとつ果たせたように思います。
ここから先は息子自身が努力し、地に足をつけて、自分の道をしっかりと切り開いて歩んで行ってもらいたいと、心から思います
[PR]

by ko15fu29 | 2007-11-28 22:13 | 息子